看護師の勤務先といえば、病院というイメージが一般的でしょう。 しかし、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも色々とあります。 例えば、保健所で保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なケアをするのも看護師の仕事です。 また、福祉施設には医師が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療行為を看護師が行います。 高齢化が進み、福祉施設でも看護師の需要は増えてきているのです。 それに、大きな会社になると医務室などにも看護師がいて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面のケアを行っています。 このような場合は、その会社の社員として入社することもあるでしょう。 修学旅行やツアーなどに同行し、怪我や病気の応急処置や病院の手配をする看護師もいます。 この他にも、まだまだ知られていないような仕事がたくさんあります。 結婚して子供のいる人は土日の休みがあったり、夜勤なしという職場を求めているものです。 病院以外の場所で働くには、その場に適した専門の知識を身につけている認定看護師や専門看護師の資格があると、雇用されやすくなります。